一般社団法人 理想の住まいと資金計画支援機構







一般社団法人理想の住まいと資金計画支援機構は、初めにご相談者様の今後のライフプランをお伺いして資金計画を作成することから始めます。次に「住まいの予算」を把握後、新築・中古・戸建て・マンション選びを行いますので、納得の「住まい」選びができます。新築・中古・マンション・戸建てにはそれぞれには一長一短があり、「住まい」選びが初めての方にとっては、何を注意して「住まい」選びをすればよいかわからないのが実情です。当機構ではご相談者様のご希望があれば、「住まい」選びの様々なご協力支援も行っております。


90歳まで生存する割合は男性は1/4、女性は1/2。日本は超高齢社会です。   今後の老後資金計画は金融資産の運用だけではなく、住宅資産の活用が益々重要になる時代になると思われます。悠々自適な老後生活を実現させるためには様々な工夫が必要となります。当機構では、お客様のライフプランをまずお伺いして『住み替え』だけなく『住宅資産活用』の提案など多角的な見地から時間をかけてご相談に応じます。

当機構は、ファイナンシャル・プランニング技能検定1級あるいは特定非営利活動法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会認定のCFP®保持者を広く一般会員として公募した中から「住まい」の実務に精通した精鋭を厳選し、その厳選された相談員があなたのライフプランの相談担当者となります。
人生は一度。誰もが人生の主人公です。当機構の日頃の研究の成果を実感いただければ幸いです。


                                        一般社団法人 理想の住まいと資金計画支援機構                                                     
                                                          代表理事 峰尾茂克
               

前のページに戻る

このページの上部へ